pregnancy

他の動物と比べると人間の妊娠率はかなり低めで女性が1回の排卵周期で妊娠する確率はだいたい25%程度だといます。

月に一度の排卵は、私たちの体内で起こっており、当然、肉眼で確認できないきません。目に見えない排卵が起きるタイミングを知るには、基礎体温グラフが重要な役割を果たしてくれます。通常、排卵は低温期の最後、最も体温が低下する日に起こるといわれています。つまり、その日にセックスすれば妊娠の確率はかなり高まるというわけです。

しかし排卵周期の中で最も体温が低くなる日は、数日経って高温期に入らないとはっきり確認することができません。基礎体温から排卵日を予測するには、何周期か継続して記録し、自分の低温期の平均日数を把握することがまずは大切。

また、月経周期が不規則で排卵日の予測が困難な人もいるかもしれません。そんな女性たちには、排卵チェッカ
ーがおすすめです。

排卵の前、体内では脳の下垂体から黄体形成ホルモンが大量に分泌されます。LHサージ゛という現象が起き、’この24~36時間後に卵子は排出されるといわれています。

排卵チェッカーは、この黄体形成ホルモンの尿中のピーク値から排卵日を予測する検査薬です。

ただし、注意したいのは、尿中のホルモン量は血中値に比べて不安定だったり、もともとのホルモン量に個人差があり、その精度には疑問もあるります。しかし基礎体温と併用することで一定の効果は期待できるます。

さらに、排卵前後に現れるさまざまな症状にも注目すればさらに効果を期待できます。

例えば、おりものの変化。排卵日が近くなるとおりものは量が増し、粘り気が強くなって卵白状になります。また、排卵痛やわずかな出血が見られることもあります。

一番確実なのは、基礎体温で排卵のサイクルを把握しつつ、おりものなどの小さな変化も見逃さないことです。日ごろから自分のカラダヘ意識を向けることが、妊娠への大事な一歩なのだ。