pregnancy

一般的に35歳までが妊娠適齢期と言われています。

それは30代後半になると残された卵子の数がぐっと少なくなるからです。

またほぼ同時期に卵子の質が低下する「卵子の老化」がはじまってくることがあります。

婦人系の疾病が増えてくることも妊娠力の低下に輪をかけています。

さらに食事の偏りや不規則な生活、ストレスといった長年のツケが生活習慣病として表れてくるのも30代からです。

このように不妊につながりうる要因が一気に増えてくるのが35歳前後なのです。

とはいえもちろん個人差はあります。その一例が、40代でも元気な赤ちゃんを出産している人もいれば、適齢期なのに妊娠できない人もいるということ。

この違いは、生まれ持った体質や病気の有無、セックスの頻度、そして生活習慣やストレスなどの影響などにあると言われています。

とくに冷えとストレスは卵子の老化を早める原因でもあるので、心当たりがある方は早めの対策が必要です。