妊娠しやすい環境を作る!妊活と男性不妊

妊活=妊娠しやすい環境を作って妊娠するということです。 このブログではいろいろな妊活の方法、男性不妊の情報を紹介していきます。

妊活

女性不妊と男性不妊、不妊の原因をセルフチェック

scheck

妊娠は、射精+排卵=受精→着床によって成立します。この4つの過程のうち、どこかにトラブルがあると、妊娠のハードルが高くなってしまいます。

女性に起因する主な不妊の原因は、子宮筋腫や子宮内膜症といった子宮のトラブルや、卵巣のう腫など卵巣のトラブル。

これらのトラブルがあると、生理が重かったり生理不順があったりするので、自分でも比較的早く気づけるはずです。

もちろん、たとえ生理が正常でも安心はできません。排卵が正常にされていないケースや、卵管が詰まっていたり狭かったりして精子や受精卵の移動を妨げているケースもあります。

これらはあまり自覚症状がなく、そのままにしてしまいがちなので逆に注意が必要です。
 
一方、男性不妊の原因には、性交自体が難しい勃起障害や射精障害、射精はするものの精液中に精子が存在しない無精子症、精子の数が少ない、あるいは活発に運動しない乏精子症などがあります。

トラブルの内容や状態によって、治療の方法も変わってきます。的をえた治療をするためにも、不妊の原因をチェックすることが妊活の第一歩と言えます。

不妊の原因はさまざま。世界保健機関によると、加齢を除く不妊の原因は、5組中2組は女性に、4組に1組は男性にあるとされています。

また、4組に1組は男女両方に原因があり、10組に1組は原因不明となっています。

不妊自体は「妊娠に至らない症状」のことで、病気ではありません。とはいえ、不妊の陰に思わぬ病気が潜んでいる可能性も。赤ちゃんを望んでいるのになかなか妊娠しないというカップルは、専門医への相談をおすすめします。

検査の前に夫婦で見直そう妊活セルフチェック

妊活は、将来、パパとなりママとなる2人の大切な赤ちゃんを授かるためのもの。受診をする前に、自分たちの体質や暮らしを見直してみましょう。何をするべきかが見えてきます。

1.病気

□生理日以外にもお腹や腰が痛いことがある
□生理のときは毎回痛み止めが必要
□性交痛または排便のときにお腹の奥が痛む
□身体が冷えると生理痛がひどくなる
□経血の量が多い
□下腹周辺がとくに冷えている
□子宮筋腫や子宮内膜症などの婦人科系の疾患の経験がある
□セックスをしたい気持ちが起こらない


2.生活習慣

□タバコを頻繁に吸う
□飲酒の機会が多い
□仕事や家庭内でストレスが多い
□睡眠時間が短い
□食品添加物入りの食品やインスタント食品を摂ることが多い
□パソコンの前に座っている時間が長い
□起床、食事、睡眠の時間が不規則
□屋外にいる時間が長く。紫外線に当たることが多い
□朝食を抜くことが多い

3.卵巣老化度

□生理周期が短い
□経血の量が減ってきた
□冷え性だ
□生理前にニキビが出やすい
□髪につややボリュームがなくなってきた
□肥満気味
□激しいダイエットをしたことがある
□ちょっとしたことでストレスを感じることが多い
□眠れない、眠りが浅い、早朝に目覚めてしまう
□頭痛がひどい
□疲れがとれない
□検査で異常がないのに体調がすぐれない

4.男性不妊

□疲れやすい
□イライラして、切れやすい
□タバコを頻繁に吸う
□トランクスではなくブリーフ派
□ノートパソコンをよく卓膝上で使う
□熱めのお風呂が好き
□太っている
□油っこいものが好き
□不安になりやすい
□不規則な生活が続いている

不妊治療で行われる検査

doctor

不妊治療では、さまざまな検査が行なわれます。ほとんどの場合、検査を受ける前に病院から説明がありますが、あらかじめ知っておくと、不安も少なく受けられる思います。不妊治療の検査について紹介します。

不妊原因を探るため検査はとても大切です。不妊治療では、なぜ不妊になっているのかを探らなければ、治療はできません。そのために、病院では子宮の状態をみる超音波検査のほか、血液検査や精液検査などさまざまな検査をうける必要があります。

子宮鏡検査
子宮内の超音波検査で子宮筋腫やポリープなどがあると疑われるときなどに行なわれる検査です。超音波検査とは違い、子宮口からファイバースコープなどを入れて子宮内のようすを直接モニターで確認するため、その状態がよく分かります。検査のみの場合は、麻酔の必要もありません。

腹腔鏡(ラパロ)検査
お腹に小さな穴を開けて、内視鏡を入れ、子宮や卵管、卵巣の状態をみる検査です。
一通り検査を受けても原因が見つからないときや、長期間治療しているのに妊娠しない場合に行なわれます。
超音波検査では見つけられなかった癒着や内膜症などを見つけることができ、異常があればそのまま治療を受けることもできます。麻酔が必要ですので、入院しなければならない場合もあります。

ホルモン検査
排卵や妊娠のためにはホルモンが正常に分泌されている必要があり、それを調べる検査です。血液検査で調べることができ、LH(黄体化ホルモン),FSH(卵胞刺激ホルモン)などから、卵巣がちゃんと機能しているか、ホルモン分泌の指示をだす脳の視床下部や下垂体がちゃんと機能しているか、などを知ることができます。

抗精子抗休検査
抗体とは、体に外敵が侵入したときにそれを阻止するはたらきのある物質のこと。ふつうは精子に対して女性は抗体をつくりませんが、まれに精子と結合する抗体がつくられ、子宮や卵管での精子の動きをとめたり、受精できない場合があります。血液検査で採取した血液に精子を加えてその動きを調べる検査で、不妊女性の数%に抗精子抗体が見つかります。

クラミジア検査
クラミジアは、非常に多く見られる性感染症のーつです。女性にはほとんど症状がでないため、知らないうちにクラミジアに感染していたということも少なくありません。クラミジアに感染していると、卵管の癒着や閉塞を招くため、不妊の原因になります。血液検査で調べることができ、感染していた場合は、夫婦2人とも抗生物質の服用で治療します。

妊活で妊娠する確率を増やすには

pregnancy

他の動物と比べると人間の妊娠率はかなり低めで女性が1回の排卵周期で妊娠する確率はだいたい25%程度だといます。

月に一度の排卵は、私たちの体内で起こっており、当然、肉眼で確認できないきません。目に見えない排卵が起きるタイミングを知るには、基礎体温グラフが重要な役割を果たしてくれます。通常、排卵は低温期の最後、最も体温が低下する日に起こるといわれています。つまり、その日にセックスすれば妊娠の確率はかなり高まるというわけです。

しかし排卵周期の中で最も体温が低くなる日は、数日経って高温期に入らないとはっきり確認することができません。基礎体温から排卵日を予測するには、何周期か継続して記録し、自分の低温期の平均日数を把握することがまずは大切。

また、月経周期が不規則で排卵日の予測が困難な人もいるかもしれません。そんな女性たちには、排卵チェッカ
ーがおすすめです。

排卵の前、体内では脳の下垂体から黄体形成ホルモンが大量に分泌されます。LHサージ゛という現象が起き、’この24~36時間後に卵子は排出されるといわれています。

排卵チェッカーは、この黄体形成ホルモンの尿中のピーク値から排卵日を予測する検査薬です。

ただし、注意したいのは、尿中のホルモン量は血中値に比べて不安定だったり、もともとのホルモン量に個人差があり、その精度には疑問もあるります。しかし基礎体温と併用することで一定の効果は期待できるます。

さらに、排卵前後に現れるさまざまな症状にも注目すればさらに効果を期待できます。

例えば、おりものの変化。排卵日が近くなるとおりものは量が増し、粘り気が強くなって卵白状になります。また、排卵痛やわずかな出血が見られることもあります。

一番確実なのは、基礎体温で排卵のサイクルを把握しつつ、おりものなどの小さな変化も見逃さないことです。日ごろから自分のカラダヘ意識を向けることが、妊娠への大事な一歩なのだ。

今日から始める妊活

couplestart

妊娠に向けて今日から始める妊活の流れ

①妊娠のチャンスは月に一度の排卵日のみ、基礎体温をつければ、排卵の時期はわかりますが排卵日は正確にわかりません。
そこで排卵日を正確に知るのにいいのが排卵日検査薬。
排卵日が約1日前にわかるのでベストなタイミングが取れます。

②ウォーキングなどの運動
運動をすることで子宮や卵巣への血流が増え妊娠しやすくなります。また妊娠の大敵冷え性が改善し妊娠しやすい体になります。

③生活習慣
妊活はなによりも健康な体と心を維持することが大切。
睡眠や食事をしっかりとって規則正しい生活を心がける。

④コミュニケーション
不妊治療を希望する女性は増加。一刻も早く妊娠したいという気持ちが心の準備ができていない夫に不妊治療の話をしすぎてしまうことになり夫婦関係がぎくしゃくしてしまうことも。
まずはタイミングを計りながら自然妊娠にトライし、1年以上妊娠しなかった場合は夫婦で病院へ。
35歳以上の女性は妊娠する力の低下がはやまってしまうので半年以上妊娠しなかったら病院へ行った方がいいようです。

排卵検査薬について
次回生理予定日の17日前から検査
女性の体は、次回の生理開始予定日の約2週間前が排卵日で、この期間にセックスをすると妊娠するしくみになっています。
この排卵日をできるだけ正確に知るために最近定着しつつあるのが「排卵検査薬」です。
これは排卵直前の卵子が成熟することで、急激に増加する黄体形成ホルモン(LH)というホルモンの値を尿の中の値で測るというものです。
そしてこの値が高くなった36時間以内に、排卵が起こることが知られています。
この排卵検査薬は、スティック状になっており、使い方も簡単です。
排卵日検査薬は薬局で購入できるので、薬剤師に相談を

妊娠適齢期と妊娠力の関係

pregnancy

一般的に35歳までが妊娠適齢期と言われています。

それは30代後半になると残された卵子の数がぐっと少なくなるからです。

またほぼ同時期に卵子の質が低下する「卵子の老化」がはじまってくることがあります。

婦人系の疾病が増えてくることも妊娠力の低下に輪をかけています。

さらに食事の偏りや不規則な生活、ストレスといった長年のツケが生活習慣病として表れてくるのも30代からです。

このように不妊につながりうる要因が一気に増えてくるのが35歳前後なのです。

とはいえもちろん個人差はあります。その一例が、40代でも元気な赤ちゃんを出産している人もいれば、適齢期なのに妊娠できない人もいるということ。

この違いは、生まれ持った体質や病気の有無、セックスの頻度、そして生活習慣やストレスなどの影響などにあると言われています。

とくに冷えとストレスは卵子の老化を早める原因でもあるので、心当たりがある方は早めの対策が必要です。
ギャラリー
  • 女性不妊と男性不妊、不妊の原因をセルフチェック
  • 不妊治療で行われる検査
  • 男性不妊の改善、よい精子をつくるための基本
  • 妊活で妊娠する確率を増やすには
  • 基礎体温と妊娠の関係
  • 卵子の老化
  • 生理からわかる妊娠を妨げる病気
  • 基礎体温と妊娠について
  • 今日から始める妊活