妊娠しやすい環境を作る!妊活と男性不妊

妊活=妊娠しやすい環境を作って妊娠するということです。 このブログではいろいろな妊活の方法、男性不妊の情報を紹介していきます。

不妊

生理からわかる妊娠を妨げる病気

stomach

生理は女性の自然なサイクルのひとつです。

生理にはしばしば痛みがあることがあります。腰のあたりが何となく重く感じる、下腹部がずんずんと疼く、寝込んでしまうほどお腹が痛む...などなど、生理痛の症状は実にさまざまです。

生理が起こると、子宮内膜からはプロスタグランジンというホルモンが分泌されます。このホルモンには、はがれ落ちた内膜を子宮の外へ押しだすぺく子宮を収縮させる作用があります。

そのため、このホルモンの分泌が体質的に多い人は、子宮の動きが活発になって痛みがおきやすくなるといわれています。

また、子宮頸管や子宮口が狭いと経血を押し出す圧力によって痛みが増す場合もあるようです。

こうした生理痛は、いずれの場合ももともとの体質的な要因が大きいため、それほど心配する必要はありません。

一方、生理痛には心配な病気が隠れている場合もあります。例えば、子宮内膜症です。これは子宮内膜の組織が卵管や卵巣、腹膜など子宮以外で増殖と剥離を繰り返す病気です。

生理のたびに寝込むほどの痛みがあったり、年々月経痛がひどくなるという場合は、子宮内膜症のリスクが高いといえます。また痛みのほかに経血量が増えたり、経血の中にレバー状の固まりが交じったりする場合には子宮筋腫が疑われます。

これは子宮の内外にできる良性のこぶ(=腫瘍)のことで、30代の女性なら4人に1人が子宮筋腫をわずらわっていわれている病気です。

子宮内膜症と子宮筋腫はどちらとも不妊の原因になる可能性があります。

子宮内膜症は卵管の癒着を引き起こすほか、卵巣内にできると卵子の形成にも悪影響を与えます。

子宮筋腫もできる部位によっては受精卵の着床が妨げられる場合があり、注意が必要です。

妊娠・出産を目指すなら、まずはカラダの健康から。少しでも不安を感じたら、専門医に相談しましょう。

妊娠適齢期と妊娠力の関係

pregnancy

一般的に35歳までが妊娠適齢期と言われています。

それは30代後半になると残された卵子の数がぐっと少なくなるからです。

またほぼ同時期に卵子の質が低下する「卵子の老化」がはじまってくることがあります。

婦人系の疾病が増えてくることも妊娠力の低下に輪をかけています。

さらに食事の偏りや不規則な生活、ストレスといった長年のツケが生活習慣病として表れてくるのも30代からです。

このように不妊につながりうる要因が一気に増えてくるのが35歳前後なのです。

とはいえもちろん個人差はあります。その一例が、40代でも元気な赤ちゃんを出産している人もいれば、適齢期なのに妊娠できない人もいるということ。

この違いは、生まれ持った体質や病気の有無、セックスの頻度、そして生活習慣やストレスなどの影響などにあると言われています。

とくに冷えとストレスは卵子の老化を早める原因でもあるので、心当たりがある方は早めの対策が必要です。
ギャラリー
  • 不妊治療で行われる検査
  • 男性不妊の改善、よい精子をつくるための基本
  • 妊活で妊娠する確率を増やすには
  • 基礎体温と妊娠の関係
  • 卵子の老化
  • 生理からわかる妊娠を妨げる病気
  • 基礎体温と妊娠について
  • 今日から始める妊活
  • 妊娠を妨げる原因と男性不妊