妊娠しやすい環境を作る!妊活と男性不妊

妊活=妊娠しやすい環境を作って妊娠するということです。 このブログではいろいろな妊活の方法、男性不妊の情報を紹介していきます。

妊娠適齢期

妊娠適齢期と妊娠力の関係

pregnancy

一般的に35歳までが妊娠適齢期と言われています。

それは30代後半になると残された卵子の数がぐっと少なくなるからです。

またほぼ同時期に卵子の質が低下する「卵子の老化」がはじまってくることがあります。

婦人系の疾病が増えてくることも妊娠力の低下に輪をかけています。

さらに食事の偏りや不規則な生活、ストレスといった長年のツケが生活習慣病として表れてくるのも30代からです。

このように不妊につながりうる要因が一気に増えてくるのが35歳前後なのです。

とはいえもちろん個人差はあります。その一例が、40代でも元気な赤ちゃんを出産している人もいれば、適齢期なのに妊娠できない人もいるということ。

この違いは、生まれ持った体質や病気の有無、セックスの頻度、そして生活習慣やストレスなどの影響などにあると言われています。

とくに冷えとストレスは卵子の老化を早める原因でもあるので、心当たりがある方は早めの対策が必要です。

妊活をスタートするのは25歳をすぎたあたりから

pregnancy4

一般的に妊娠適齢期とされている25歳を過ぎたあたりが妊活のはじめどきです。

現在では40代で出産するケースが多くなりましたが油断は禁物です。

一方で妊娠適齢期なのに授かれないという人も年々増えているからです。

日々の生活習慣の積み重ねでつくられる身体はすぐに変わるものではありません。

妊娠したいときに妊娠できる身体を目指すなら、早めに自分の身体と生活を見直しておくことがオススメです。

妊活とはまず自分自身が健康な身体になることです。そのためにはまず現在の自分の心と身体の状態を知ることが重要です。

不摂生な生活や心身の不調など、不妊につながりそうな部分があればできる範囲で少しずつ解消していくことが大切です。努力だけではどうにもならない部分は、病院を頼ることも必要です。
ギャラリー
  • 女性不妊と男性不妊、不妊の原因をセルフチェック
  • 不妊治療で行われる検査
  • 男性不妊の改善、よい精子をつくるための基本
  • 妊活で妊娠する確率を増やすには
  • 基礎体温と妊娠の関係
  • 卵子の老化
  • 生理からわかる妊娠を妨げる病気
  • 基礎体温と妊娠について
  • 今日から始める妊活